Riko Style Ordermade Therapy

ありがとう(*^_^*)の一日

昨日は「ありがとう」という言葉に溢れた、とっても素敵な一日でした。

東京をお昼に出て羽田に向かったのですが、東京を発つ時、 「福岡も楽しんできてね!」と、いつも笑顔の素敵な友人が、元気よく見送ってくれました。それがとても嬉しくて、雨の中を明るい気分で旅立つことができました。そしてそれが「ありがとう」の一日の始まりでした。

その後、浜松町までタクシーに乗ったのですが、外はかなりの雨で、道は大混雑でした。こんな時はタクシーの運転手さんもイライラしがちだと思うのですが、昨日乗ったタクシーの運転手さんは、駅のだいぶ手前でメーターを倒して下さったのです。「混んでるのに、すみません。ありがとうございます。」と言うと、「いやいや、モノレールまではいつもワンメーターで十分だからいいんですよ。気にしないで。」と笑顔で言ってくれました。そして、ちょっと咳こんでいた私に気遣って、のど飴を渡して下さったのです。それから駅について車から降りた時には雨の中、トランクから重いスーツケースを取りだして「身体に気をつけて、風邪をひかないようにしてくださいね。」と声をかけてくれたのです。私は頭を下げながら、運転手さんの優しさで、寒い春に心がほっと暖まっていくのを感じました。

そして、羽田空港行きのモノレールに乗った時のことです。スーツケースを荷物置き場に持ち上げようとしたのですが、なかなかうまくもちあげられずにいました。そうしたら、その様子をそばで観ていた男性が、かけていた携帯電話を途中で切って、荷物をもちあげるのを手伝ってくれたのです。「申し訳ないです。ありがとうございます。」と言うと、「いえいえ。」とさわやかな笑顔で答えてくれました。多分、新社会人ではないかと思われるその男性は、私が降りる時にもスーツケースをホームにまで出して下さいました。「どうもありがとうございました。本当に助かりました。」と言うと、またさわやかな笑顔で会釈してくださいました。きっと大事な電話をかけていらしたんでしょうにと、感謝と申し訳ない気持ちで心がいっぱいになりましたm(__)m

福岡行きの飛行機は、さすがに連休前ということもあっって満席状態でした。いつもはお隣がいないことが多いのですが、昨日は二人席のお隣に女性がいらっしゃいました。いつも一人なので何だか嬉しくなって、「こんにちは。失礼します。」と言って座ると「こんにちは。」とお隣さんが優しい笑顔で応えてくれました。それからは、お天気の話などしながら心地よい時間が過ぎて、お隣さんも疲れていたのか、二人ともうつろうつろしていました。

そしてどれ位の時間が過ぎてからかでしょうか。やさしく肩をたたいて、お隣さんが私に窓の外を見るようにうながしたのです。そうすると窓からは、まばゆいばかりに輝く「富士山」が見下ろせてまさに絶景です!「わあ!凄い!綺麗ですねー!」と私がやや興奮気味に見入っていると、「なんだか富士山を観ると、つい手を合わせたくなってしまうのよ。日本人だから、かしらねえ。」とお隣さんが笑顔で言いました。「きっとそうですね。私も富士山が大好きです。私たち日本人でよかったですね!」

見事な富士山にみとれながら、お隣さんとこんなに心地よい時間を共有できたことが嬉しくて、まるで時間が止まったようでした。

世の中に「ありがとう」という言葉ほど美しい言葉はない・・と誰かが言っていたのを思い出します。「ありがとう」は、言う人も言われる人もhappyになれる魔法の言葉でもあります。

そして昨日は一日中、魔法にかけられているように素敵な気分の一日でした。


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode