Riko Style Ordermade Therapy

落ち込み時・鬱っぽい時には・・(?_?) 2

すっかり街中がクリスマス景色となりました。陽気な音楽が流れる中・・・「みんな楽しそう(-.-)」と横目に見ては、自分だけが取り残されているような気持ちになってしまう・・。生きていると本当に色んなことがありますから、誰でもそんな気持ちを抱いてしまった経験はありますよねm(__)m

周りが陽気ならその分だけ・・落ち込みがひどくなってしまうのは、よくあることです。よく落ち込んだ時や鬱っぽい時には、賑やかなところに行ったり、元気な人に会うといい・・ともいわれてますが、これには大きな危険が孕んでいることが多いのです。

ただでさえ落ち込み時には、いつもより敏感になっていてまた、被害妄想的になっていることも多いですから、元気な人に会えば、やっぱり自分と比べてしまいます。賑やかさは時には効果的なこともあるでしょうけれど、多くの場合に心は静寂を欲しがっていると思います。「余計に暗くなりたくない。」という理由で自分と向き合うことを避ける気持ちになってしまうかもしれませんが、だからといって何かで紛らわすのはとても危険です。わざわざ暗くなる必要はありませんが、元気のない時に無理をしてしまうと、心が本当に砕けてしまうことがよくあります。

元気がない時には、とりあえずあれこれ考えないようにして「身体」に快さを与えてあげることがとても効果的です。例えば、温泉は大地のエネルギーを私達におしみなく与えてくれます。また山や海にはそこに行くだけでも、その大地のエネルギーを充分感じることができます。深呼吸してただその場所に身をおいて自然に触れることだけでも「身体」と「心」の快復はとても早くなります。

日ごろの積み重なった「小さな我慢」や心配などの心の「疲労」を自然の中で解放してあげて、私達も大自然の一部であることを身体が充分に思い出すと、奥底にある本当の元気は少しずつ戻ってきます。「落ち込み時」は自分の本音と向き合う大切な時期でもあります。「身体の声」に耳を傾けて、本当の心と身体両方が求めている心地よさや快感を探すことができるチャンスでもあるのです(^−^)


S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode