Riko Style Ordermade Therapy

カラ―ブリージング

カラ―ブリージング地震から1週間がたちました。3月半ばというのに、日本中で肌寒い日が続いています。地震がくるまではあまり何も考えずに使っていた電気ですが、今は被災地への電力の供給を第一に考えると、できるだけ衣服をたくさん着こもうとし、また、必要ない時は電気をこまめに消すようになりました。私達の習慣性とは凄いと思います。当たり前のことが当たり前でなくなったら、次はそれにすっかり慣れようとしています。


セッションルームのあるビルは、地震当日から停電もなく全く不自由がおきていないのですが、様子が大きく変わりました。人々が頻繁に挨拶したり会話するようになってきたのです。今まではこちらから挨拶しても少し薄い反応でした。ところが今、例えば来たエレべーターにはさっさと乗る人が多かったのですが、最近は声を掛け合って「節電して一緒に乗りましょう。」ということがよくあるのです。そして廊下等で顔を合わせると「結構揺れましたね。でも何の被害も不自由もなくて、本当にありがたいですね。」という言葉を掛け合います。肌寒さも会話ひとつで、お互いに暖めあうことができました。


被災地の方々の寒さが少しでも緩和され、また通常の生活が一日も早く戻るように願っての物資の援助や募金も、私達ができることのひとつです。そしてたくさんの物資が早く行きわたることを願いながらもうひとつ、人が生きていく為に不可欠なものをも送ることができます。それは「元気」という「気」、暖かい「エネルギー」です。


その「元気」を送る方法はいっぱいありますが、次の方法はいつでもできます。まず、カラ―ブリージングの「太陽をイメージをする呼吸法」を行います。充分に身体が暖まって気持ちよいと感じるまで行います。そして次に、被災地で大きな太陽が黄金色に光り輝き、たくさんの人々が太陽の光で充分に暖まって笑顔になっていくイメージをします。安らぎと調和を感じながら、リラックスして行います。充分に暖まったというエネルギーを感じるまで行います。こうしたヒーリングエネルギーは時間と距離を超えて、意図したところに必ず届きます。祈りも遠隔的なヒーリングも、いつもでも皆が繋がっていることを教えてくれています。

どんな時でも、朝になれば太陽が昇り、日が暮れると空は夕焼け色に染まって、そして夜には空に月や星が輝き始めます。これは変わることのない大自然のルールです。太陽と月、そして星、夕焼け等をイメージしたカラ―ブリージングを行うと、私達の中で自然の摂理が整います。そして自然治癒力を高めたり「元気」の「気」を作り出す根源的なものとつながっていきます。


「人は一人では生きていけない」といのも大自然のルールです。言葉と行動とそして心で、たくさん自家発電したら、もっと暖めあっていけそうです。





S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode