Riko Style Ordermade Therapy

LUCKY DAY !(^^)!

飛行機 イラスト
空港の滑走路脇にあるレストランで、BLTサンドをほおばっていたら、大きな飛行機が目前の駐機場に入ってきました。珍しくずいぶん大きい飛行機だなあ・・とぼんやり眺めていたのですが、しばらくすると近くに座っていた4人の女性グループが「嵐ジェットだ!」と叫び出す、と共にシャッターの嵐。

目の前にしてみると、圧巻です!(^^)!嵐ファンの友人がここにいたら、大喜びするだろうなあ・・と思い、せめて写真でもと私もシャッターをおろしました。夜なので残念ながらはっきりとは映らないのですが、5人のお顔はどうにか判別できそうです。

空港が昔から好きで、特に滑走路の眺められるレストランでのんびりするのは至福です。随分と久しぶりにこのレストランに来たのですが、とてもラッキーでした!

そういえば飛行機のことで、もうひとつ嬉しいことがありました。JALのマークが昔の「赤い鶴」に戻ったことです。今、目の前にいる嵐ジェットの尾翼にも、しっかりと「赤い鶴の翼」が映えています。あのマークを見ると、不思議なのですが、飛行機に乗る前のテンションが上がるのを感じます。

小さいころ見た「アテンション・プリーズ」や、「スチュワーデス物語」。あの頃から空港に憧れがあって、大人になったら飛行機にたくさん乗れるようになりたいと思っていました。ところが初めて乗った時は怖くて怖くて・・。やはり今でも、離着陸時は超怖いですけれど、窓から見る雲上の世界はまるで天国で、やっぱりまた乗ろう・・と覚悟するのです(^^)v


いつでも、大きな青い空にまっすぐ飛び立っていく飛行機を見ていると、勇気がわいてくる気がします(^−^)


親子、家族のためのセラピー (^−^)

親子、家族のためのセラピー
毎年7月と8月は、親子連れでセラピーにいらして下さる方が多いのですが、特に今年は多くの親子さんにお目にかかることができましたご家族でのセラピーは当初から多く行ってきましたが、今年は震災の影響もあって、3月から特に多くなったように感じています。

通常セッションでは、ご家族共にいらしていただいても、お一人ずつのセッションを行います。ですが、お子様についてお悩みや、家族関係のお悩みがある場合、それぞれのセッションを終えて機が熟したところで、お子様と保護者の方と三者面談のように行うことがあります。最初は親御さんが、お子様一人でセッションを受けられることを心配なさるかたもいらっしゃいます。ところが最初は緊張している方でも、段々リラックスしてくると大笑い等もしてとても元気よくお話してくれるようになります

「魔法にかかったみたい!」言われることも多いですが、実はもともと持っているその方の力やもともとの元気、たくさんの可能性、能力等を理解して、そのことに目をむけて話をしているだけなのです
また、セッションではお話しながら同時にヒーリングも行っているため、大人も子供もいつもは出ない、あるいは出せない心の声がいつもよりずっと出やすくなっていると思います

小学生には小学生なりの、また中学生、高校生にも成長期独特の悩みなどがあり、普段一緒に生活している親御さんにも伝えられない気持ち、戸惑いなどがあります。日々のお互いの気持ちのずれが大きくなった時、
「受験生だというのに、全く勉強しない。」「何を考えているのかわからない。」「外に出ていかない。」「学校に行きたがらない。」等、表面的に現れる様々な問題が家族間の距離を遠くしてしまします。

このような時、客観的にお互いを見られる距離を上手につくることが求められます。セラピストが介入することで、実際にはとてもお互いに思いやっているのに伝わらなくなってしまった気持ちなどがみえてくると、見えなくなっていただけで、実際にはいつもそこにあった絆をもう一度、見つけることができます

震災の影響から、大きな不安を抱えているのは大人だけではありません。今、家族の在り方についても人々の心に様々な変化がおきています。表面的に現れている問題だけではなく、家族みなそれぞれの隠れた心の傷に思いやりと愛を持って気付いて対処していくことは、それぞれが個人として生きていく力を育てる、大きな糧になっていくと思います

身体と心のデトックスがはじまると...(*^_^*)

身体と心のデトックス
もうすぐ7月です!
すっかり節電ムードですが、身体のほうはエネルギー不足のないようにしないといけませんよね。そういえば去年、私の真夏のエネルギー源はと書いたら、大反響でした今年もこのエネルギー源を大事にしながら、身体を動かすことも大切にしていこうと思います。

寛大な先生と、楽しい仲間達のおかげで、なんとかここ数年バレエのレッスンに通うことができています毎週のように楽しい仲間とレッスンできることはとても大きな喜びです。地震の後、しばらくレッスンが中止された時期があって、久しぶりに再開された時、その時間の貴さに改めて気がつきました。今年の夏は気合いをいれて、レッスンにのぞもうと思っています。

身体というのは本当に心と強く結びついています。笑顔でいると身体も喜び、軽くなるように感じます。反対に心が悲しみに溢れていれば、身体も悲しみのエネルギーで重くなってしまいます。
心が落ち込むと、身体を動かすこともおっくうでしかたなくなりますが、そんな時はちょっとこんなふうにイメージしてみてください!(^^)!

「身体がびっくりするほどに柔らかくなり、どんな動きでもできて、何でも踊れるし、空を飛ぶことさえできる・・」そして、もしもそんな風に身体が自由自在に動かせたら・・どんなに気持ちが楽になるかを想像してみて下さい。何度かくり返していると、段々と身体を動かすことがおっくうでなくなってきます。不思議と身体が動いてきて、溜まったエネルギーが発散しだすと、身体と心はデトックスをしようと動き出し、元気を取り戻す準備を始めるのです。

どんな時でも想像力は広大無限です。心の力で身体を自由に柔らかにして、今年も日本の夏を楽しみましょう(*^_^*)






心と身体が元気になるために必要なこと(^−^)

 
震災から、もうすぐ2ヶ月を迎えます。日本全国の方々が被災地に思いを寄せています。皆が悲しみをこらえながら前に進もうとしています。そして今、様々な形での支援は大きなエネルギーとなり、「新しい創造」が起こり始めています。

被災地で、悲しみと向き合いながら前進しようとしている大勢の方々の力強いエネルギーは大きなうねりとなって、日本中に新しい風が吹き始めています。この新しい風を大切に大切に使って、「元気」を発電していくのことが、今を無事に生きている、私達の役割です。

その一方で、3.11の後から個人個人の意識にも大きな変化がおきました。価値観は大きく変化し、人生との向き合い方が変わった方もとても多いと感じています。混沌としたエネルギーの中でとまどい、特に今後の日本の経済や健康面で、大きな不安や恐れを感じざるをえない状況でもあります。


これまで、できることから淡々と・・という思いで支援活動をしてきましたが、メンタル的なサポートは、これからが最も重要な時期と考えています。被災地の方々はもちろん、遠く離れた私達もまた、悲しみという心の傷を負っています。傷を覆ったままで前進することは、中々難しいことです。人間の共感するエネルギーとは本当に強いもので、中心感覚がしっかり育っていないと、身体と心に受けた傷が癒されないままになって、やがて心と身体の両面にその影響はでてきてしまいます。


震災後から、多くの方々から身体のお悩みを相談されました。眠れない、集中できない、むくみがひどい、疲れ方がひどい、食欲が異常にある、あるいはない、生理がこない、その他・・多岐にわたった内容です。いつもとは違う、異常なできものや腫れ等に悩まされる方も多いように思います。個人セッションでは、それらの症状について、心の状態と環境エネルギーとの関わり、想念体の影響等についても調べていき、心・身体・オーラ等の浄化を行ってから、最後にヒーリングを行います。また実際の身体の歪みもヒーリングで改善しますので、体調不良そのものは、かなり早く改善していきます。そして日常生活での注意点をアドバイスしながら、御自分でもできるセルフ・ヒーリングをお伝えしていますが、身体の不調がひとつでも良くなることで段々に底力が湧いてくると、本当の元気がでてきます。緊急の災害時などは、普段はすぐに湧きあがる底力も奥深く沈んでしまっています。長くその状態を続けると、さらに自分の免疫力が下がってしまいます。深く沈んだ底力を湧きあがらせることは、今、心と身体にとても重要なことです。


特別セミナーでは、各個人にあわせた詳細なアドバイス・ヒーリングは行えませんが、初心者でも覚えていただける、簡単にできるメンタル・ボディケアの方法についてもお伝えしたいと思っています。
そして、底力を湧きあがらせることで、心と身体が元気になるために必要なことをお伝えしていきたいと思っています。







睡眠が心や身体にあたえる影響

睡眠が心や身体にあたえる影響
今日から4月です。3月11日から、時間の流れが方が大きく変わりました。とても早く過ぎていったようにも感じますが、とてつもなく長い時間が流れたようにも感じます。そして夢なら早く覚めて欲しいと、誰もが思いながら、時間が過ぎていきました。


頻繁に起こる余震の影響で、身体がいつも揺れているようだと訴える方がとても多くなりました。身体は、あの大きくて長かった揺れを覚えていて、少しでも揺れを思いだす感覚があると不安になり、地震の感覚が蘇ってきます。そして、この大きなストレスによって不眠状態になっている方もとても多いのです。

昼間は仕事等の日常生活をしていて気分が紛れているのですが、夜になるとまたいつ揺れるのかと身体も身構え不安になってしまいますから、安心して身体が眠りにはいれないのです。あれだけの大きな揺れを体験したのですから、身体の奥深い所まで不安や恐怖が浸透した結果だといえるでしょう。


被災地で避難所での生活を余儀なくされている方々の疲れはもう、ピークを過ぎています。今は一刻も早く、プライベートを守れる個々の生活空間が持てるようにすることが重要だと思います。様々な団体が動いて、少し遠いところになってしまうことはあるものの、ご家族や地区単位での被災者の方々の移動が始まっています。共につらい思いをした仲間と一緒にいることは、同じ気持ちを共有できる安心感が格別に違うと思います。できるだけ、家族や地域の方々がまとまって安全なところで落ち着いていただけれたらと願います。


このような状況で故郷を離れる気持ちはどんなに悔しく寂しいものかと思いますが、どうか今は身体を休めて、少しでも揺れのない安全なところでぐっすりと眠っていただきたいな・・と思います。眠りが身体や心に与える影響はとても大きいです。そして、どのような過酷な状況でも、安心して睡眠が確保できるようになったら少しずつ免疫力は増えて、少しずつ元気が快復してくれます。少しでも早く、お一人お一人が皆、安心して眠れる日を迎えられるように祈っています。


また、安全な場所で寝起きできるているとわかっていても、やはりいろいろな不安が続いて不眠が続いている方も多いようです。思い切って寝る部屋を変えてみたり、枕の位置を変えてみることも良いと思います。また、少し気分転換してみることもお勧めいたします。家の中でテレビを見ていると、不安で心がいっぱいになります。春を感じに外にでてみませんか。無理をして遠出する必要はありませんが、自然に触れて身体を動かして、自分の真ん中で感じる「春」を満喫してみて下さい。

私達一人一人に「新しい春」がやってきています。



ご安全に

ご安全に最近、聞いた「挨拶」の言葉です。工場で働く人々が皆で掛け合っているのですが、そこでは「おはよう」も「こんばんは」も「お疲れ様でした」もどれも全く使わないのです。朝も昼も夜でも、この言葉だけが挨拶として交わされていました。
「ご安全に。」お互いの顔を確かめながら交わす「ご安全に。」優しくてほっとするこの言葉を聞いて、素敵な挨拶だと思いました。

羽田空港で救援部隊としてこれから東北地方に発つ方々をお見かけしました。その中の背中に「医師」と書いてある若い女性と目が合った時、ふと頭を下げると彼女とその隣にいた男性が応えてくれました。「ご安全に。」が自然にでてきました。


救援物資が届いて、カメラを向けられた被災地の皆さまが「ありがとうございます。助かります。」と深く頭を下げる姿をたくさん見ます。心も身体も大変だと思うのに、その上に周囲への気遣いもなさっていて、本当に頭が下がります。「毎日、大変だね。気をつけて帰って下さいね。」と周囲の取材陣をいたわる東北の方々の強さと優しさに、テレビの前の私達もたくさんの勇気をもらっています。


今日もたくさんの場所で、たくさんの「ご安全に」が交わされますように。



大震災の被災地の皆さまへ

 3月11日におきた東北関東大震災で大変な被害を受けた多くの被災地の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。そして一日も早い復興ができるよう祈っております。また御家族との御連絡がとれず、不安な毎日を過ごされている方々も多いと思います。どうぞ、一日も早く御家族と会うことができますように祈っております。

東北地方の海岸沿いには、日本の美しさが満ち溢れていました。今目をつぶる度に懐かしく美しい情景をたくさん思い出します。強くたくましい私達日本人の心意気を強く信じています。復興に向けて心をひとつにする力は大きな集合意識となり、必ずまた日本は蘇ると信じています。

また、離れたところで過ごす私達は、たくさんの情報に飲み込まれて自分を見失うことのないように、気をつけなければと思います。自分の真ん中をしっかりと感じて、自分の中心からの声をよく聞き分けるようにしたいと思います。

最後になりましたが、私のセッションルームのひとつが首都圏内にあるために、多くの皆さまに御心配おかけいたしました。御心配下さるメールもたくさんいただきました。本当にありがとうございました。揺れは大きかったのですが、御蔭さまで何事もなく無事ですごしております。
このような大変な時に、ご連絡をいただきましたことを心から感謝しております。本当にありがとうございました。今できることを淡々と行い、どんな状況でも、共に希望を持って進んでいきたいです。

節分です(^_^)/

節分です本格的には、今日からが新年となります。うさぎ年の新年、改めまして・・あけましておめでとうございます!

今年は飛躍のための準備の年でもあり、新しい何かにチャレンジするにもよい年であり・・、しかも慎重に進めるとさらによい年です。

新年早々、体調を崩された方も多いと思いますが、ひとつのデトックスと考えて、今日からまた心機一転で新しい年を楽しんでいきましょう(^^)v

豆まきをして、家の中をしっかりと浄化し、吉方を向いて「わはは!」と笑ってから恵方巻を食べるのも、昔ながらの節分の習わしですね!今年のビジョンをなんとなく思いながら・・今日一日を楽しく過ごしましょう(*^_^*)

うさぎ年には・・(*^_^*)

うさぎ年には今年はうさぎ年です。うさぎ年は、今後12年を決めるとても重要な年です。また大きく飛躍できる年であるとともに、準備を怠るとすぐにその結果が出てしまう厳しい年でもあります。いつもよりも努力した結果が大きく出る時ですから、慎重に目標を決めて、淡々とそれを続けることが大切です。

今年は、ぜひ何か新しい目標を決めて(今までやったことがないことがベスト)毎日20分くらいそのための時間をとることをお勧めします。良い習慣を身につけることは、飛躍の年に欠かせない準備運動のようなものになります。せっかくの上昇気流なので、うまくその気流に乗りましょう(^^)v

あけまして、おめでとうございます(*^_^*)

2011年2011年が始まり、ますます、思考の現実化に加速度がついているように思います。 年末年始にかけて、あわただしい日々をすごされた方も多いと思いますが、今年はできるだけリラックスして、日常を丁寧に大事に過ごすことが重要な年です(^_-)-☆

願いが叶いやすい・・ということは、葛藤があればそれがそのまま現実化してしまうというリスクも伴います。できる限り葛藤は早めに手放して、クリアな視点で物事を観察していく姿勢が本当に大切になってきました。。たくさんの葛藤があると、真実の願いが叶わないだけでなく、身体や心にもさまざまな影響を及ぼします。年末から鬱っぽい時の対処方法について書いてきましたが、鬱っぽさや落ち込みもその影響のひとつといえます。

実は、身体や心の声に耳を傾ける・・というのはそんなに簡単なことではありません。慣れ親しんだ付き合いで、私達は結構な無理難題を身体と心に課してきています。それが当たり前になってしまっていることが、実は身体と心にとっては大迷惑(-.-)となっていることは多いものです。そして気持ちのどこかで「これくらいは、大丈夫だろう」と、身体や心と対話する前に勝手な解釈をしてしまいがちです。セラピーをおこなっていると、その解釈の違いが原因で随分と辛い思いをされてきている方々が多いことに驚きます。

大切なことは、リラックスしている時とそうでない時の心と身体の状態の違いをよく理解しておいて、身体との対話を怠らないようにすることだと思います。そうすると、いろいろな辛い症状も未然に防げることが多いようです(^^)vそして自分の解釈に少し自信がない時、あるいはなんだか、今までの自分のやり方に行き詰まりを感じる時には、客観的な視点を持つプロに相談してみることをお勧めします。

また今年は特に「リラックスできる空間」を多くもつこともお勧めします。図書館、カフェ、御自宅のリビング、温泉、山や渓谷、海・・等など、人によって様々な空間があると思いますが、特別な場所でなくても、ほっとできる空間にいるだけで、身体と心は本音を語り始めます(^^)v

皆さまにとって、今年も幸多き年でありますように(^^♪

<< | 2/5PAGES | >>